病院

癌を根治するために免疫療法を受けよう|免疫で癌細胞を駆逐する

治療法と種類

男の人

脳腫瘍は2種類あります。原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍です。前者は良性と悪性があり、悪性の場合は放射線療法、化学療法、免疫療法が行われることが一般的です。治療方法自体には、上記以外にも外科手術もあります。

もっと読む

脳出血のリスクが高まる

女性

脳動静脈奇形は脳の動脈と静脈をつなぐ、毛細血管が形成されない先天性の病気です。毛細血管が形成されないと脳細胞に栄養が届きにくくなるばかりではなく、静脈や弱い血管に高い圧力が加わるので血管が切れやすくなります。出血を防ぐために治療を受けることが大切です。

もっと読む

最も多い脳腫瘍

病院

脳腫瘍の中で最も患者数が多く、髄膜腫全体の二割に達するのが髄膜腫です。女性の罹患者が多いのが特徴です。大半が良性の腫瘍で症状が出る事もなく、治療の必要もありません。手術を行うかどうかは医師の判断によるところが大きいため、気になる際にはセカンドオピニオンを利用するのも良いでしょう。

もっと読む

癌を克服するために

医者

新しい治療法

癌の治療法の一つに免疫療法と言うものがあります。あまり癌の治療には詳しくない方には、体の免疫力を高めて癌細胞に立ち向かっていくという印象が強いです。ひと昔前まではそのような考えで病院も治療してきましたが、現在の医学ではさまざまな研究が進み、免疫細胞に働きかけ癌細胞を攻撃するものに変わってきました。実際に基礎体温が高く免疫力が高ければ癌になることはありませんが、癌になってしまってからの免疫療法は違う意味を持ちます。癌の治療は手術と放射線と抗癌剤による治療が主なものになりますが、研究が涼しく免疫療法は次の治療法として注目を集めています。手術などの治療の効果がなかった方や、手術などが難しいと診断された方にも効果があります。ひと昔前までは効果があまり期待出来なかったため、医師によってはやらないという方もいます。そのため、免疫療法を試したいと思ったらその治療をすすんで行っている医師に出会うことがとても重要です。

免疫細胞に働きかける

ひと昔前までの免疫療法は、体全体の免疫力を高めて癌細胞に立ち向かうものでしたが、その治療法はあまり効果がありません。現在の免疫療法は免疫細胞に働きかけ癌細胞に立ち向かうものです。免疫細胞にアクセルとブレーキが存在します。免疫細胞の治療で一番に試されるのはアクセルをさらに踏むものです。そして、最近の研究では癌細胞は免疫細胞から攻撃されると免疫細胞のブレーキを踏むように働き、免疫細胞の働きを抑えてしまうことが分かっています。そのため今度は癌細胞がブレーキを踏むように働きかけても、そのブレーキを外すようにするものが開発されました。アクセルを踏み、ブレーキを外せば免疫細胞から癌細胞への攻撃はさらに強くなります。このように免疫療法は日々進化をしています。また他の治療にくらべ副作用が少ないという特徴があるため、人気がある治療法になります。