聴診器

癌を根治するために免疫療法を受けよう|免疫で癌細胞を駆逐する

脳出血のリスクが高まる

女性

脳ドッグで見つかることも

ひきつけやてんかん発作を起こすことがある人は、脳動静脈奇形かもしれません。脳動静脈奇形とは先天性の病気で、動脈と静脈をつなぐ毛細血管が未形成になる病気です。その為本来なら毛細血管から受け取る酸素や栄養を脳細胞が受け取れなかったり、静脈に通常よりも高い圧力が加わるようになります。その為脳の活動に影響が出たり、圧力が加わった血管が切れて脳出血を起こすこともあります。20代から40代で血管が切れるなどの症状を起こすことが多いため、それまで原因不明の頭痛に悩んでいたりてんかん発作を起こしたことがある人は、脳の検査をしておくと脳動静脈奇形かどうかを確認することができます。実際脳ドックなどを受診した時に自分が脳動静脈奇形ということがわかる人もいます。

治療方法

脳動静脈奇形による出血を防ぐためには、放射線治療、カテーテルによる治療、開頭手術を組み合わせた治療が行われます。放射線治療では小さな病変や手術がしにくい部分の血管を閉じて出血するのを防ぎます。放射線を照射するだけで治療が出来、体に負担がかからない治療法です。カテーテル治療では小さな細い管を血管の中に通して、そこに血管を閉鎖させる液体の薬を投入し、弱くて切れやすくなっている血管に血液が流れこまないようにします。開頭手術では脳動静脈奇形を取り除き、将来的に出血するのを防ぐ治療が行われます。脳動静脈奇形の治療をせずに放置しておくと、脳出血を起こして脳が損傷するリスクが高くなります。なるべく早く治療を受けることが大切です。